"第3の双子"を確認 準一卵性双生児?

気にする健康。気になる情報。
Sponsored Link

"第3の双子"を確認 準一卵性双生児?

26日、英国科学誌ネイチャー電子版が、1つの卵子に2つの精子が受精して生まれたとみられる「準一卵性双生児」ともいうべき珍しい双子の存在を米英の研究者が確認したと報じました。

世界初の報告例とみられ、研究者は「(一卵性、二卵性といった)現在の双子の分類は単純化しすぎなのかも知れない。」と驚いています。

この双子は数年前に米国で誕生し、出生時に外性器異常があったことがきっかけで確認されました。1人は卵巣と睾丸(こうがん)がある両性具有、もう1人は男性器だけがあります。

遺伝子を解析した結果、2人とも、2つのX染色体をもつ女性の細胞と、XとYの染色体をもつ男性の細胞が身体に混在する「キメラ」であることが分かりました。

1つの卵子に2つの精子が融合するケースは受精全体の1%程度あると考えられていますが、出産にまで成長するのは極めて稀とされています。今回は受精後に分離して2つの胚(はい)になったとみられています。

体外受精や人工授精などの生殖補助技術は使っておらず、2人とも健康に育っているそうです。

一卵性双生児は受精卵が初期段階で2つに分離した場合に、二卵性双生児は2つの卵子にそれぞれ1つの精子が受精した場合に誕生します。


Sponsored Link
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。